イベント

イベントを読み込み中

イベントカレンダー イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

平成26年度第2回残留ひずみ・応力解析研究会

2015-3-5 (木) 13:00 - 17:15

無料
CROSS

平成26年度第2回残留ひずみ・応力解析研究会

機械構造部材等の大型構造物から、電子部品等の小型部品にいたるまで、実際の産業分野で問題となる残留応力について、ラボX線や放射光、中性子回折法を利用した評価事例について紹介するとともに、これらを利用した新たな展開について紹介する。

開催日時

2015年3月5日(木) 13:00~17:15

場所

エッサム神田ホール 401会議室
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
Tel: 03-3254-8787

JR神田駅北口 徒歩1分
東京メトロ銀座線 神田駅 3出口前

参加費

参加費は無料ですが、資料代として¥5,000いただきます。
なお、中性子産業利用推進協議会の会員の方と大学、研究機関の方は無料です。それ以外の方は事務局までご相談ください。
資料代は当日徴収いたします。

協議会参加の企業・団体については中性子産業利用推進協議会のホームページ でご確認ください。

申込方法

下記の内容をご記入のうえ、メールでお申し込みください。
——————————————–
 (1) お名前
 (2) ご所属
 (3) ご連絡先 (電話番号、メールアドレス)
 (4) 交流会に  参加する / 参加しない
*交流会への参加を当日キャンセルされた場合、会費をいただきますのでご了承ください。
——————————————–

【申込み、問い合わせ先】
中性子産業利用推進協議会
事務局 桐原由美子
Email: info@j-neutron.com
Tel: 029-352-3934

交流会

神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します。
施設側とユーザーのざっくばらんな意見の交換の場になりますので是非ご参加ください。
参加希望者は3月2日までにお申し込みください。
会費は当日いただきます。

会費: ¥3,000
時間: 17:20~19:20
会場: ワインホール130
〒101-0047 東京都千代田区内神田3-18-8 ナルミビル4F

テーマ

機械構造物における残留応力とひずみの評価

プログラム

13:00 – 13:05 開会挨拶 主査
秋庭義明
(横浜国立大学)
13:05 – 13:25 J-PARCの現状と中性子の産業利用J-PARC/MLFと茨城県BLの現状、J-PARC/MLFにおける産業利用の状況、2014Bならびに2015Aにおける課題採択結果、ならびに、産業利用成果などを紹介する。 林 眞琴 (茨城県)
【基調講演】
13:25 – 14:15 「残留応力は求まった!  さあ、それから?」中性子回折はもちろんとして、X線、放射光、さらには非破壊的な手法に限らず破壊的な手法をも含めた古典的な種々の計測手段や数値シミュレーションと、残留応力を求める手法は数多く存在する。これらの中でも、市場原理に耐えうるものは広く普及していると同時に、実際に評価対象に応じて適切な手法が用いられている。翻って、残留応力の計測結果の差異や誤差が、構造性能評価にどの程度影響を及ぼすかについては、公開情報がそれほど多くないのが実情である。そこで今回は、残留応力計測「後」の取り扱いについて、残留応力を考慮するための基本的な評価手法を概説するとともに、実際の種々の評価事例について残留応力計測結果の意味合いを意識しながら紹介する。 望月正人
(大阪大学)
【中性子】
14:15 – 14:45 超音波衝撃処理した各種溶接継手の内部残留応力評価各種疲労強度向上手法の中で、疲労強度向上効果が高く、処理速度や安全性等の作業性の面でも優れるUIT(Ultrasonic Impact Treatment)技術が注目されている。このUIT技術の処理品質管理基準、適用限界を明確化するためには、UIT処理前後の表面のみならず、内部残留応力の変化を把握する必要がある。本講演では、UIT処理前後等の各種溶接継手に関し、溶接止端部周辺の内部残留応力状態変化を中性子回折法で評価し、UIT処理後の内部応力状態の疲労寿命への影響について検討した結果を中心に報告する。 鈴木環輝
(新日鐵住金)
14:45 – 15:00 休憩  
【X線・放射光・中性子】
15:00 – 15:30 実験室X線装置を用いた残留応力測定の工業利用事例工業製品の信頼性向上には残留応力の評価が重要であり、工業的に現在でもひずみゲージを用いたひずみ解放法やHole Drilling法といった破壊検査法を活用しているが、非破壊検査法としてX線回折を活用した残留応力評価も並行して採用している。本講演では、実際の工業製品の評価につなげているX線回折法による下記の2件の残留応力測定事例を紹介する。
1.ピーニング施工600系Ni基合金の高温・応力負荷条件下でのX線残留応力その場測定
2.二軸傾斜法によるリングギヤ内歯車研削面のX線残留応力測定
湯村友亮
(三菱重工)
15:30 – 16:00 実験室X線を用いた高温その場測定の適用事例高温環境下で材料/残留応力の変化挙動を動的に捉えるその場測定技術が産業界で求められている。しかしながら、その場測定は放射光を利用しなければならないなど、高い参入障壁があることから、一般ユーザーが簡便に利用できる評価技術とはなっていない。そこで、汎用的なX線残留応力測定装置と、その場測定専用の特殊高温炉を組み合わせることで、安価かつ高精度な高温その場測定システムを構築した。本講演では、それを用いた適用事例を紹介する。 橋本匡史
(橋本鉄工)
16:00 – 16:30 放射光による鉄鋼材料のTIG溶接中における表面応力分布シミュレーションによる溶接時の温度や応力の時間変化などの計算結果が溶接信頼性の向上に貢献しているが、従来は計測による検証が困難であった。しかし、大面積の高速X線二次元検出器の出現により、溶接時のその場計測が可能となった。そこで、日本原子力研究開発機構ならびにJASRI産業利用推進室と共同で、酸化膜付きSUS304鋼のTIG溶接時の相変態や応力を評価し、シミュレーションを検証する基礎データ取得に成功した。本講演では、それらの結果について報告する。 平野辰巳
(日立製作所)
16:30 – 17:00 放射光による重合せ溶接材の高温負荷中における内部ひずみ分布本講演では、レーザーにより重合せ溶接した鉄鋼材料(厚さ2mm+5mm,幅6mm)に対して、使用環境下である高温、および上下の板を反対方向に引張った負荷状態における内部ひずみ分布を、高エネルギー放射光X線を利用して非破壊測定を行い、有限要素法によるシミュレーションを行った結果を紹介する。 菖蒲敬久(JAEA)
17:00 – 閉会挨拶 秋庭義明
(横浜国立大学)
林 眞琴 (茨城県)

共催

中性子産業利用推進協議会
茨城県中性子利用促進研究会
総合科学研究機構 東海事業センター (CROSS東海)
SPring-8ユーザー協同体

協賛

J-PARC/MLF利用者懇談会

詳細

日付:
2015-3-5 (木)
時間:
13:00 - 17:15
参加費:
無料
イベントカテゴリー:

主催者

中性子産業利用推進協議会
茨城県中性子利用促進研究会
一般財団法人 総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
SPring-8ユーザー協同体

会場

エッサム神田ホール 401会議室
Japan 〒101-0045 東京都
千代田区, 神田鍛冶町3-2-2
+ Google マップ
電話番号:
03-3254-8787
Web サイト:
http://www.essam.co.jp/hall/access/#access_1