イベント

イベントを読み込み中

イベントカレンダー イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

計算科学勉強会

2015-2-15 (日) 10:30 - 17:05

CROSS

計算科学勉強会

SPring-8、J-PARC/MLFなど大型実験施設とスーパーコンピュータ(スーパーコンピュータ「京」を中核とするHPCI、全国共同利用施設など)との連携利用により、双方の利用研究の新たな展開、成果の質的向上に繋がることが期待されている。
今回の勉強会は、SPring-8、J-PARC/MLFのユーザー支援スタッフやコーディネーターが計算科学のアプリ開発の現状・成果等の情報を得るとともに、計算機側の利用支援者も実験に関する理解を深めることにより、実験側・計算側双方のニーズ、課題等を共有する機会とする。今後のSPring-8、J-PARC/MLF、スーパーコンピュータ「京」を中核とするHPCIや全国共同利用スパコンの連携利用の促進に資するものである。

開催日時

2015年2月21日(土) 10:30~17:05
  17:10~個別相談

場所

大阪大学中之島センター 講義室304
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4丁目3-53

プログラム

  司会 : 福嶋 喜章(CROSS)  
10:30 – 10:35 開会挨拶 野田 健治
(JASRI常務理事)
横溝 英明
(CROSS東海事業センター長)
10:35 – 11:20 放射光分析とシミュレーションによる増幅用光ファイバの構造・物性解析 斎藤 吉広
(住友電気工業(株))
11:20 – 12:05 放射光・中性子・シミュレーション連携活用による高性能タイヤ材料開発 岸本 浩通
(住友ゴム工業(株))
12:05 – 13:00 昼食  
  司会 : 舟越 賢一(CROSS)  
13:00 – 13:45 放射光と計算科学によるリチウムイオン2次電池の解析 今井 英人
((株)日産アーク)
13:45 – 14:30 強磁性半導体薄膜の蛍光X線ホログラフィーと第一原理計算による局所構造最適化 林 好一
(東北大学)
14:30 – 15:15 X線1分子追跡法からのバイオサンプル実測例紹介 佐々木 裕次
(東京大学)
生体活性サイトの構造・機能相関の解明とデザインに向けた分子計算技術の開発 鷹野 優
(大阪大学)
15:15 – 15:30 休憩  
  司会 : 鈴木 淳市(CROSS)  
15:30 – 16:15 表面構造解析における位相回復 若林 裕助
(大阪大学)
16:15 – 17:00 CMSIにおける計算物質科学アプリケーションの開発・整備とその展開 藤堂 眞治
(東京大学/CMSI)
17:00 – 17:05 閉会挨拶 平山 俊雄
(RIST専務理事・神戸センター長)
常行 真司
(CMSI統括責任者/東京大学)
17:10 – 18:00 個別相談  

主催

公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)
一般財団法人総合科学研究機構 東海事業センター (CROSS東海)
一般財団法人高度情報科学技術研究機構(RIST)
計算物質科学イニシアティブ(CMSI)
(東京大学物性研究所、自然科学研究機構分子科学研究所、東北大学金属材料研究所)

共催

大阪大学
科学研究費補助金 新学術領域「3D活性サイト科学」

協賛

J-PARCセンター(JAEA/KEK)
理化学研究所

詳細

日付:
2015-2-15 (日)
時間:
10:30 - 17:05
イベントカテゴリー:

主催者

公益財団法人 高輝度光科学研究センター(JASRI)
一般財団法人 総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
一般財団法人 高度情報科学技術研究機構(RIST)
計算物質科学イニシアティブ (CMSI)

会場

大阪大学中之島センター
Japan 〒530-0005 大阪府
大阪市, 北区中之島4丁目3-53
+ Google マップ