イベント

イベントを読み込み中

イベントカレンダー イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

平成27年度 非破壊検査・可視化・分析技術研究会

2015-1-20 (火) 13:00 - 17:05

無料
CROSS

平成27年度 非破壊検査・可視化・分析技術研究会

中性子ビームを利用した可視化・分析手法の現状と、放射光やその他のプローブを用い た同様の検査・分析技術に関する最近の話題を紹介し、それぞれの相違点や共通点と相補利用に関する理解を深める。

開催日時

2015年1月20日(水) 13:00~17:05

場所

エッサム神田ホール2F多目的ホール
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
Tel: 03-3254-8787

JR神田駅北口 徒歩1分
東京メトロ銀座線 神田駅 3出口前

参加費

参加費は無料ですが、資料代として¥5,000いただきます。なお、中性子産業利用推進協議会の会員の方と大学、研究機関の方は無料です。それ以外の方は事務局までご相談ください。
資料代は当日徴収いたします。

参加申込み

下記の内容をご記入のうえ、メールでお申し込みください。
——————————————–
 (1) お名前
 (2) ご所属
 (3) ご連絡先 (電話番号、メールアドレス)
 (4) 交流会に  参加する / 参加しない
*交流会への参加を当日キャンセルされた場合、会費をいただきますのでご了承ください。
——————————————–

【申込み、問い合わせ先】
中性子産業利用推進協議会
事務局 大内 薫
Email: info@j-neutron.com

交流会

神田駅近くの「ワインホール130」で交流会を開催します。講演者と参加者のざっくばらんな意見の交換の場になりますので、是非ご参加ください。参加希望者は1月15日(金)までに登録してください。参加費は当日いただきます。なお、当日キャンセルされた場合には参加費をいただきます。

会費: ¥2,000 (領収書を発行します)
時間: 17:20~19:20
会場: ワインホール130 
〒101-0047 東京都千代田区内神田3-18-8 ナルミビル4F

テーマ

量子ビームを用いた可視化・分析技術の現状
– 中性子と他の量子ビームプローブの有効活用に向けて –

プログラム

13:00 – 13:05 開会挨拶 主査
海老原充 (首都大学東京)
<中性子を用いた可視化・分析技術の基礎>
13:05 – 13:25 中性子可視化技術 篠原武尚(J-PARC)
13:25 – 13:45 中性子放射化分析 藤 暢輔(JAEA)
<分析技術>
13:45 – 14:15 ミュオンによる元素分析法の開発 久保謙哉(国際基督教大)
14:15 – 14:45 地球・宇宙化学的試料におけるICP-MSと
放射化分析の相補利用
白井直樹(首都大学東京)
14:45 – 15:15 小型中性子源を用いた核物質測定技術開発 大図章(JAEA)
15:15 – 15:30 休憩  
<可視化技術>
15:30 – 16:00 放射光X線を用いた材料観察 上杉健太朗(SPring8)
16:00 – 16:30 位相差透過電子顕微鏡の技術とその周辺 永谷幸則(生理研)
16:30 – 17:00 多次元画像処理による非破壊解析 横田秀夫(理研)
17:00 – 17:05 閉会挨拶 林眞琴(茨城県)

共催

中性子産業利用推進協議会
茨城県中性子利用促進研究会
総合科学研究機構 東海事業センター (CROSS東海)

協賛

J-PARC/MLF 利用者懇談会

詳細

日付:
2015-1-20 (火)
時間:
13:00 - 17:05
参加費:
無料
イベントカテゴリー:

主催者

中性子産業利用推進協議会
茨城県中性子利用促進研究会
一般財団法人 総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター

会場

エッサム神田ホール 1号館 2F 多目的ホール
Japan 〒101-0045 東京都
千代田区, 神田鍛冶町3-2-2
+ Google マップ
電話番号:
03-3254-8787
Web サイト:
http://www.essam.co.jp/hall/access/#access_1