イベント

イベントを読み込み中

イベントカレンダー イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

第22回 CROSSroads Workshop「中性子で見る水(氷)・水素化物の物質科学」

5/15 (水) 13:30 - 17:30

開催趣旨

水素はもっとも軽く、極めて反応性の高い元素です。物質中にプロトン、ヒドリドといったイオン性の状態から、中性、共有結合性と多様な状態で存在し、物性や機能性に大きく関わっています。中性子は水素を観測するためにもっとも有効なプローブの一つであり、X線では観測することが難しい水素の静的、動的構造の研究において必要不可欠なものです。今回、中性子でみる水(氷)・水素化物の物質科学と題して以下のワークショップを企画しました。水素をキーワードに中性子を利用した物質科学研究の最先端を議論し、さらなる水素研究の促進を目指します。

参加登録は当日受付のみとなります。

使用言語

日本語

プログラム

13:30-13:40 開会挨拶
13:40-14:15 講演1 町田 晃彦 (量子科学技術研究開発機構)
高圧下におけるマンガン重水素化物の磁気転移(予定)
14:15-14:50 講演2 金 相侖(東北大学)
錯体水素化物の無秩序構造と超リチウムイオン伝導(予定)
14:50-15:25 講演3 古府 麻衣子(J-PARCセンター)
パラジウム中の水素の振動・拡散ダイナミクス
15:25-15:45 コーヒーブレイク、記念撮影
15:45-16:20 講演4 池田 一貴(KEK)
中性子を利用した水素貯蔵合金の構造研究(予定)
16:20-16:55 講演5 小松 一生(東京大学)
高圧氷および水素ハイドレートの秩序-無秩序転移
16:55-17:30 講演6 熊田 高之(JAEA)
水素核偏極技術を用いた中性子小角散乱・反射率・回折測定法の開発と展開
17:30 閉会

※18:30- 懇親会予定

世話人

加倉井 和久(CROSS)、町田 晃彦(QST)、大友 季哉(KEK)、舟越 賢一(CROSS)

運営組織

主催

総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター

共催

新学術領域研究「ハイドロジェノミクス」

J-PARCセンター

詳細

日付:
5/15 (水)
時間:
13:30 - 17:30
イベントカテゴリー:

主催者

一般財団法人 総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター
Web サイト:
https://neutron.cross.or.jp/ja/

会場

いばらき量子ビーム研究センター(IQBRC) B101大会議室
Japan 〒319-1106 茨城県
那珂郡東海村, 白方162-1
+ Google マップ