「平成30年度J-PARC MLF産業利用報告会」の開催について(取材案内)

2018.07.17

J-PARCセンター
総合科学研究機構 中性子科学センター
茨城県
中性子産業利用推進協議会

「平成30年度J-PARC MLF産業利用報告会」の開催について(取材案内)

J-PARCセンター、総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター、茨城県及び中性子産業利用推進協議会は、J-PARC物質・生命科学実験施設(MLF)における産業利用成果と、産業利用の拡大に向けた学術成果を総合的に紹介するとともに、産業界との連携を一層強化するため、平成30年度J-PARC MLF産業利用報告会を合同で開催いたします。

J-PARC MLFは共用運転を開始して10年目、また、中性子産業利用推進協議会は設立から10周年という節目を迎え、今回は下記のとおり特別セッションをはじめ、招待講演、各成果の報告などを企画しました。

報道関係各位におかれましては、是非ご来場の上、ご取材くださいますようご案内申し上げます。

※J-PARC (Japan Proton Accelerator Research Complex) は、高エネルギー加速器研究機構(KEK)と日本原子力研究開発機構(JAEA)が共同で運営している先端大型研究施設で、素粒子物理、原子核物理、物質科学、生命科学、原子力などの学術的な研究から産業分野への応用研究まで幅広い分野の世界最先端の研究がなされ、世界中から研究者が集まっています。

1.日 時

7月23日(月)13時00分~17時35分
7月24日(火)9時15分~17時00分

※23日の懇親会、24日の相談会につきましては取材対象外となります。

2.場 所

秋葉原コンベンションホール
東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2F
TEL:03-5297-0230

3.開催内容

詳細は別添プログラムをご参照ください

7月23日

  • 中性子産業利用推進協議会設立10周年記念セッション(トピックスとして、7月3日に成功したMLFにおける設計値1MW相当のビーム出力連続運転の紹介など)
  • 茨城県中性子ビームラインの成果や産業利用に関わる主要な成果の報告
  • 特別講演)産業界を代表し株式会社日立製作所の村上 元氏による「日立グループにおける量子ビーム活用による材料・プロセス開発」

7月24日

  • “イノベーションの共創”と題して、産業から利用成果やニーズを紹介し、施設側が産業利用に直結した成果やシーズ技術を紹介する「ニーズとシーズのマッチング」
  • 招待講演1)五十嵐 圭日子東京大学准教授による「加水分解酵素における「水」の機能を中性子で読み解く」
  • 招待講演2)旭化成株式会社の吉野 彰名誉フェローによる「Liイオン電池の開発と将来展望」
  • ポスターセッション(昼食休憩時)

4. 取材申込み

取材を希望される方は、別紙「取材申込書」に必要事項をご記入の上、Eメール又はFAXにて、7月19日(木)17:00までに下記連絡先までお申込みください。

【本件に関するお問合せ先】

J-PARCセンター広報セクション 阿部、石川
TEL:029-284-3178 FAX : 029-284-4571
E-mail : pr-section@ml.j-parc.jp