J-PARC MLFについて

J-PARC MLFについて

世界最高クラスの大強度陽子加速器とその加速器が生み出す大強度陽子ビームを利用する実験施設で構成されるJ-PARC。その中心ほどに位置する物質・生命科学実験施設(MLF)は、加速器からの1MWのパルス陽子ビーム(3GeV, 25Hz, 333μA)を利用して世界最高強度の中性子及びミュオンビームを作り出し、これらを利用して物質・生命科学研究を推進させることを目的とした施設です。MLFは学術・基礎研究や産業利用に広く利用の機会を設けています。現在、中性子実験装置20台、ミュオン実験装置3台が運用中で、中性子実験装置1台、ミュオン実験装置1台がコミッショニングまたは建設中です。

MLFの詳細情報は こちら をご覧下さい。