センター長挨拶

センター長挨拶

一般財団法人 総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センターは特定中性子線施設である物質・生命科学研究施設(J-PARC MLF)の利用促進業務を行っている組織です。2011年に文部科学大臣から登録施設利用促進機関として指定を受けた時はほぼゼロからのスタートでしたが、2016年からの第二期を経て、昨年4月、以下の5つの目標を掲げ、第三期を始動しました。

 1.組織間連携の促進による新規利用者獲得・新規利用分野への展開
 2.1MW大強度中性子ビームの有効利用、ビームタイム利用効率の向上
 3.新規成果指標の導入、優れた成果の迅速な発信
 4.世界トップレベルの量子ビーム施設へ、世界中の研究者を施設へ
 5.中性子科学の発展に貢献する人材の育成

2021年度は、2020年度に続き新型コロナウィルス対策に振り回された年でしたが、目標達成に向けて、MLFでの実験支援はもとより、課題選定、情報支援、成果分析、講習会・研究会、産業利用推進など、着実に歩みを進めてきました。

2022年度は、4月からのMLF 800kW運転に備えて、装置の高度化や自動化、遠隔操作対応などを進めてまいります。また、昨年、発足したJ-PARCとJRR-3の共通のプラットフォームJ-JOIN (J-Joint Office for INnovation)を窓口とした利用推進も積極的に行ってまいります。一方で、成功裏に終了した機能性高分子コンソーシアムの後継プロジェクトとして始まった量子ビーム分析アライアンスも組織間連携の促進による新規利用者獲得・新規利用分野への展開に繋がるものと確信しています。また、オーストラリア原子力科学技術機構(ANST0)との協定に基づくワークショップなどを通じて、世界トップレベルの量子ビーム施設であるMLFの活動の一翼を担ってまいります。

現在、日増しに緊迫の度を強めるウクライナ情勢は、コロナ禍以上に、私たちの生活に影響を与え、国際的な安全保障、金融経済、社会通念に大きな変更を迫る勢いですが、中性子科学センターは、登録施設利用促進機関として、これまで通り、社会的責務を忠実にこなしてまいります。ユーザーならびにコミュニティを始め広く皆様のご理解とご支援をよろしくお願いします。

Shibayama Mitsuhiro

令和4年4月1日
一般財団法人総合科学研究機構
中性子科学センター長 柴山 充弘